窒息の対応

この時期は餅のつまらせての窒息があります。
その背景には、本人の食べたいものを食べてもらいたいという想いも現場サイドにはあると思います。
そのためにはリスクを補うための知識とスキルと必要です。

この動画に補足点を挙げるとすれば、背部叩打法の力量です。
よく「どのくらいの力加減で行えば良いのか分からない」と質問がありますが、布団を干した時に叩くくらいの強さで叩いて下さいと伝えています。

しかし、窒息は本人を苦しめることにつながりますし、ケアする人たちにとってもストレスがかかります。

急変の予防として誤嚥しにくい餅の作り方や高性能な餅もあります。試食してみて、利用者やご自身も安心&喜んで貰えることもスキルアップにつながります^_^

/もし“お餅”をのどに詰まらせた人がいたらどうする⁉️\お餅を食べる機会が増える年末年始。のどに詰まらせてしまう事故が毎年発生しています。強く咳をしても詰まりがとれない…そんないざという時、救急車が到着するまでに行うべき2つの手当を紹介します❗️

日本赤十字社さんの投稿 2019年12月25日水曜日
窒息の対応
トップへ戻る