救急対応勉強会「外傷」

【怪我をした時の応急手当】勉強会

昨日行われました介護職のための救急対応の勉強会🤕

参加してもらった方は、
・夜勤をする時、一人で行っているため不安だった
・けがをした時の対応方法が分からなかった
・すぐに救急車を!という考えをしてしまっていた
といった悩みや不安がありました。

今回はけがをした時に救急車を要請すると決断した上で、行うべきこととして情報収集の仕方と応急手当の方法を伝えました😊

応急手当の方法として昔からある三角巾を使って行いました。
三角巾てよく見るものの扱い方が分からなかったりするんですよね😅
実は知っていくと万能な応急手当の道具になってくれます♪

大きな目的として「苦痛の軽減」や「悪化の防止」です。目の前が痛がっているのに様子を見ることしかできないのは勿体無いですよね。

そしてあまり見かけないオレンジのものは万能副え木というものです。
副え木の代用として傘や雑誌などが挙げられますが、危険でもあるし重いし蒸れるしで快適ではありません。
万能副え木は、レントゲンにも支障がない優れものなので診療の邪魔にもなりません。山岳でよく使われているものなんですって!

今回の参加者特典として三角巾と万能副え木が付きました!!

終わった後、参加された方からは「三角巾一つで様々な部位の固定、止血を学ぶことができて良かった」「医療職への引継ぎ方が分かった」と感想ももらいました。

今後も開催していきますので興味のある方は是非参加してみてください!

救急対応勉強会「外傷」
トップへ戻る