ケアする人の笑顔マルシェVOL.2

【ケアする人の笑顔マルシェvol.2】
2回目の笑顔マルシェを行いました!!
30度を超える夏日の中、18名もの方が集まってくれました(感謝!!)

今回のテーマは「離職率17→2.5%!!高齢者施設の取り組み」でした。

今の日本は医療福祉業界に限らず人材不足に悩まされています。
特に介護業界は、離職は高く、採用率も低いという問題があります。
「求人を出しても人は来ない、辞めていく人も多い」このような状況をよく耳にします。

「人が来ないのであれば、退職者を減らしていくしかない!!」という発想で見事に離職率を大幅に下げた高齢者施設があります。
埼玉県上尾市にある「特別養護老人ホームあけぼの」に勤めておられる岩崎太郎さん達のアクションで改善がすることできました。

このような素晴らしい改革をすることができたことを皆さんと共有しました

離職防止のポイントは3つ
①介護職を専門職にする
②当事者意識が高まる仕組みをつくる
③職場環境を整える

この3つの中で「職場環境を整える」は最優先なのかと思いきや実は低いそうです。
もちろん大切な行為ではあるものの、まずは一人ひとりと向き合うことのほうが優先順位は高いとのこと。

「専門性追求型」「管理型」の2つタイプに大きく分けて、介護職としての目標設定をしていきます。そうすることで「専門家」としての自覚が芽生え、ケアの質が向上し、「専門家」として満足し離職防止に繋がったとのことです。

そして適宜面談も取り入れ、人間関係の構築を培っていきます。
もちろん普段の仕事から「承認する」という態度で接するようにしているとのことです。

最後にはグループディスカッションをしました。
「ご自身が勤めている職場で良いところを1つアピールしてみる」→「その中から一番興味のあるものを1つピックアップする」→「良いところでも『悩み』や『課題』を抽出する」→「もっと良くなるための方法を話し合う」という順番でディスカッションをしました。
悪いところばかりを見るのではなく、すでにある良いところをさらに伸ばし、明日からでもチャレンジできそうなものを話し合い、シェアしていきます。

今回の笑顔マルシェは種別・職種は違えど「同じ悩みがあるんだな。でも、なんとか自分にもできそうなものもある!!」と心のお土産を持ち帰ることができたかと思います。

ちなみに、あけぼのに勤めている同僚の方の悩みは「岩崎さんが辞めてしまわないこと」だそうです(笑)
それに対して岩崎さんは「自分がいなくなっても大丈夫なように人材育成をするのが今の仕事!!」と仰っていました!!
格好いいですね(*’▽’)

次回の「ケアする人の笑顔マルシェ」はこころとからだのセルフケア方法について企画しています。ご興味がある人はぜひ参加してみてください♪

ケアする人の笑顔マルシェVOL.2
トップへ戻る